読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

亀梨和也『ボク、運命のひとです』2017春ドラマ 感想 ネタバレ

亀梨和也『ボク、運命のひとです』2017春ドラマ 感想 ネタバレについて書いていきます。

「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第2話の感想

スポンサーリンク

「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第2話の感想
日テレ水曜夜10時

f:id:max2111:20161013175757j:plain


出典 http://www.ntv.co.jp/jimisugo/

視聴率は11.2%と少し下がったものの、
なかなかのものです。
9~10時の鑑定団を見終わった方が、
このドラマに流れてきているのかなとも思います。


あらすじ


悦子(石原さとみ)は、幸人(菅田将暉)に一目ぼれして以来、
彼のことが忘れられないでいた。

一方、幸人は、森尾(本田翼)の家に居候させてもらうことに。
森尾は、幸人をモデルとして育て始める。

悦子は、人気ブロガー・亜季(ともさかりえ)の
節約術ブログをまとめた書籍の校閲を任される。

亜季の節約アイデアに興味を持った悦子は、
自分が知っている節約術を、校閲した原稿に付け加えて
編集担当の貝塚(青木崇高)に戻す。

亜季は、悦子がアイデアを出してくれたことを喜び、
自分の本に加えたいと言い出す。

悦子は校閲としての立場を越えて、
亜季の本について次々とアイデアを出す。

貝塚は困惑し、藤岩(江口のりこ)は
「校閲は陰で支える存在だ」と悦子をたしなめる。
しかし、悦子は聞く耳を持たない。
そんな中、亜季の本に関する大事件が起こり…。