脳にスマホが埋められた!2017夏ドラマ 感想 ネタバレ

脳にスマホが埋められた! 感想 ネタバレについて書いていきます。

「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第3話 感想と視聴率

スポンサーリンク

「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第3話 感想と視聴率
日テレ水曜夜10時

f:id:max2111:20161013175935j:plain


出典 http://www.ntv.co.jp/jimisugo/

そろそろ、内容が複雑になって来ましたが、
視聴率は12.8%と好調ですね。

放送では、主人公・河野悦子・石原が
一目惚れした大学生・折原幸人・菅田将暉から誘われ、
2人が仲良く卓球するシーンが盛り込まれていた。
石原のキュートな「サァ!」にも注目が集まリましたね。


あらすじ

 

悦子(石原さとみ)は、ファッションショーで
幸人(菅田将暉)と再会。

さらに彼女は、幸人が作家・
是永是之だと知って、驚く。

そんな中、悦子は、米岡(和田正人)が担当していた
人気作家・四条真理恵の小説の校閲を任される。

米岡は、四条の大ファン。
感情移入し過ぎる米岡にミスが出ることを懸念した
茸原(岸谷五朗)が、担当を替えたのだった。

その後、悦子は四条から、
自分で気付かなかった作品の中の矛盾を
指摘したことを感謝される。

実は、その矛盾を指摘したのは悦子ではなかった。
悦子の知らない間に、誰かが四条のゲラに
矛盾を指摘した付箋を貼ったのだった。

悦子は米岡の仕業ではないかと考えるが、
彼に聞いても、身に覚えがないという。

そんな中、悦子は、米岡と一緒に
四条のトークイベントに出席する。

そこには、なぜか藤岩(江口のりこ)が来ていて…。