脳にスマホが埋められた!2017夏ドラマ 感想 ネタバレ

脳にスマホが埋められた! 感想 ネタバレについて書いていきます。

ボク、運命のひとです  6話

スポンサーリンク

ボク、運命のひとです  6話

f:id:max2111:20170611095822j:plain

 


出典 http://www.ntv.co.jp/boku-unmei/

日テレ 土曜夜10時~

主演亀梨和也・ヒロイン木村文乃・神様・山下智久

運命を信じた男とそれを頑なに拒否する女

そして主人公の恋を後押しする

ナゾの男が繰り広げるラブコメディ。

6話

謎の男(山下智久)は誠(亀梨和也)に

晴子(木村文乃)を自宅に呼んでしまおうと提案。

いきなりそんなこと無理だという誠に謎の男は、

誠に一番足りないものは女性を引っ張る男らしさだと主張。

そしていつものごとく無茶苦茶なお題として、

男らしい亭主関白の夫が「メシ、フロ」と

様々な要求をするように晴子との会話を

4文字以内でこなすことを命じる。

それが想像もしない運命の繋がりを

引き起こすとも知らずに……。

そんな中、誠の部屋へと訪れた関原(大倉孝二)が

誠の部屋にある誠以外の人間の匂い(神様の痕跡)を

勝手に晴子へと伝えてしまうことで、

誠が別の女性と同棲をしているのではないかという疑惑がたつ。

傷つく晴子。

しかし、この騒動の最後の最後に、

まだ見ぬ運命の軌跡が二人を待ち受けていた……。


5話 5月13日

誠(亀梨和也)は謎の男(山下智久)から、

晴子(木村文乃)との初デートを予言された。

誠と晴子は、元同級生で力士だった富田(あかつ)の

経営する店で約束のちゃんこ鍋を食べていると、

そこで引退したばかりの

元力士・大寒山(HIRO・安田大サーカス)と巡り合う。

晴子は、大寒山の無類の大ファンであった。

ひょんなことから誠と晴子は、大寒山の断髪式へ行くことに。

それが奇跡の初デートとなることは知らずに……。

断髪式の会場にたどり着く誠と晴子。

そこはかつて晴子の両親:大地(杉本哲太)と善江(石野真子)が

結婚式を挙げたホテルであった。

二人の間に、この回、誰もが想像もしていなかった「あの出来事」が起こる――。