脳にスマホが埋められた!2017夏ドラマ 感想 ネタバレ

脳にスマホが埋められた! 感想 ネタバレについて書いていきます。

スポンサーリンク

脳にスマホが埋められた 2話 感想 ネタバレ

f:id:max2111:20170804000804j:plain

出典 http://www.ytv.co.jp/smahoman/

NTV 木曜夜11時59分より

2話の視聴率は3.8%でした。

周りの人がスマホを使って送っているメールやメッセージ、 すべてが分かってしまったら、どうなるんだろう?

設定は「スマホが突然、脳に埋められてしまう」という SFっぽくもあるのですが、ありそうでなかったドラマに。

アパレル会社 『エグザルトン』 総務課勤務の折茂圭太。

生真面目で気が弱く、周囲から雑用を振られる。

現在、リストラ候補。 バツイチで、9歳の一人娘がいる。

アナログ人間でガラケー所持。スマホの知識はほぼない。

高校時代は駅伝部に所属し、趣味はジョギング。

“脳内スマホ”によって、人の表裏が垣間見えるスマホ人間に。

石野柳子は『エグザルトン』 契約パタンナー。

圭太が“脳内スマホ人間”になったことに気づき、近づいていく。

スマホの知識が豊富で、圭太に脳内スマホの使い方を教える。

安田 部々香も『エグザルトン』 契約パタンナー。

柳子が心を許す数少ない存在。様々な情報に精通している。

2話

 折茂圭太(伊藤淳史)と石野柳子(新川優愛)が勤める アパレル会社『エグザルトン』の社長、黒部仁(岸谷五朗)は、 一代でインディーズブランドを大企業へ成長させたヤリ手社長。

マスコミにもてはやされ、黒部はメディアで 「僕にとって社員は家族。全社員の顔も名前も頭に入っています」 と気さくな表情を見せるが――。

「絶対に許せない!黒部は私が学生時代に 仲間と立ち上げたブランドをぶっつぶしたんです」 と柳子は圭太に訴える。

実のところ黒部は、 社員を人とも思わぬ非情な男だった。

「復讐といっても…」と及び腰の圭太に、 「折茂さんの“脳内スマホ”の力を使えば、 黒部の悪事の情報が手に入ると思うんです。

それをネタに黒部を地獄に叩き落すんです!」と柳子。

結局、柳子の頼みで圭太は、 黒部の周辺を探ることに。

黒部の秘密を握っていそうな人物を求めて、 社内をウロウロしていると、

圭太は「折茂さん?」と商品部の 相馬美羽(相楽樹)に声をかけられる。

「5年ぶりですね」と圭太をランチに誘う美羽。

彼女は、かつて大阪の店舗で 圭太とともに働いていた後輩だった。

その美羽は「私、あの当時、折茂さんが独身だったら、 絶対好きになっていたと思います」と思わせぶりで、 圭太はドギマギする。

だがそんなとき美羽は、『ニャイン』で 複数の男性と「愛してるよ、美羽」「美羽もだよ」 などとやりとりしているのだった。

その様子を“脳内スマホ”で見てしまい、 ア然とする圭太。

しかも美羽には、 黒部社長の愛人だという噂もあり……。

「調査初日から、愛人を見つけるなんて すごいじゃないですか!」と圭太を褒める柳子。

「しかもその子、4股もかけてるなら、 それをネタに脅して、黒部の秘密を聞き出しましょう」

と強気な柳子に対し、「でもそれじゃ、 相馬さんに迷惑がかかってしまわない?

昔は純粋な子で、男遊びなんてする子じゃなかったのに……」 と美羽をかばう圭太。

「正気ですか?4股かけるようなビッチですよ? もしかして好きになったとか?」と柳子。

「そ、そんなわけない!」と圭太は、 引き続き黒部の情報を求めて、 美羽の周辺を探ることになる。

ある日、圭太が美羽と会社のエレベーターに乗り込むと、 偶然、黒部も乗り込んできた。

圭太は思わず黒部と美羽の反応を伺うが、 黒部は美羽に「相変わらず整った顔をしているね」 と声をかけるだけで、ガラケーを手に去っていった。

「ガラケーなんだ…」と圭太は思わず呟く。

圭太の“脳内スマホ”はガラケーの内容まで 読み取ることができないのだ。

一方、社長の言葉に苛立った様子の美羽は、 「折茂さん、今から飲みに行きましょう」と圭太を誘う。

その頃、柳子は同僚の安田部々香(安藤なつ)から 美羽について聞き出していた。

「整形?あの子が?」と柳子。

美羽は大阪から異動してくるときに整形手術を受け、 別人のようになっていたのだ。

圭太は、その美羽の整形に気付いていたが、 美羽を気遣い、そのことに触れずにいたのだった。

圭太とバーで飲む美羽は、その間も4人の男性と 『ニャイン』でやりとりしている。

見かねて圭太は「…相馬さん、たくさん恋人がいるみたいだけど、 そういうのやめたら?昔はそんな風じゃなかったよね」 と言ってしまう。

ギョッとする美羽は、「そりゃ変わるでしょ。 顔だってこれだけ変わったんだから。

今までブスだからって私を相手にしなかった男の人を、 ザックザック切り刻んでやりたいんです」と言う。

圭太はその後も美羽が心配で、美羽が4人の男性と デートする現場をそれぞれ尾行してしまうのだった。

しびれをきらした柳子は、 直接話をつけようと美羽のもとへ行く。

「あなた、黒部の愛人なんですよね? 4股のことを彼氏たちにバラされたくなかったら、 黒部のことを教えて下さい。

黒部に天罰を下したいんです」と柳子。

そこに美羽の彼氏の一人、梶原が現れ、 「今の話マジか?4股の上、社長の愛人って!?」 と美羽に食い下がる。

もめる梶原と美羽。

そこに圭太も駆け付け、 「あなたに相馬さんを責める権利はないはずだ!」 と割って入る。

圭太は、ある写真を取り出す。

それは梶原と同棲する彼女の写真だった。

圭太は、美羽と付き合う4人の男たちには それぞれ本命の彼女がいたり、家庭があったりと、 美羽とは浮気だったことを突き止めていた。

さらに圭太は 「4股などやめて真剣な交際をした方がいい」 と美羽に言うが、

「余計なお世話!」と美羽は 怒って去ってしまう。

そのうえ、柳子にも「結局、 黒部のことは何も分からなかったじゃないですか!」 と怒られてしまう。

 だが数日後、美羽自ら、 圭太と柳子の前に現れた。

「社長とは愛人でも何でもありません」と美羽。

黒部から食事に誘われたことはあったが、 黒部は美羽の整形に気付き、

「ニセモノは苦手だ」と言って去ったのだった。

「あの日から私は社長が嫌いです。 私に手伝えることならなんでも協力します」と言う美羽。

美羽が立ち直ったことにホッとする圭太。

だがその時、圭太の“脳内スマホ”に 異常が生じ始めていて……