脳にスマホが埋められた!2017夏ドラマ 感想 ネタバレ

脳にスマホが埋められた! 感想 ネタバレについて書いていきます。

スポンサーリンク

脳にスマホが埋められた 4話 感想 ネタバレ

f:id:max2111:20170811001938j:plain

NTV 木曜夜11時59分より

出典 http://www.ytv.co.jp/smahoman/

周りの人がスマホを使って送っているメールやメッセージ、 すべてが分かってしまったら、どうなるんだろう?

設定は「スマホが突然、脳に埋められてしまう」という SFっぽくもあるのですが、ありそうでなかったドラマに。

アパレル会社 『エグザルトン』 総務課勤務の折茂圭太。

生真面目で気が弱く、周囲から雑用を振られる。

現在、リストラ候補。 バツイチで、9歳の一人娘がいる。

アナログ人間でガラケー所持。スマホの知識はほぼない。

高校時代は駅伝部に所属し、趣味はジョギング。

“脳内スマホ”によって、人の表裏が垣間見えるスマホ人間に。

石野柳子は『エグザルトン』 契約パタンナー。

圭太が“脳内スマホ人間”になったことに気づき、近づいていく。

スマホの知識が豊富で、圭太に脳内スマホの使い方を教える。

安田 部々香も『エグザルトン』 契約パタンナー。

柳子が心を許す数少ない存在。様々な情報に精通している。

第4話視聴率は3,0%ですが、 放送時間から見て健闘していると思います。

ともかく、面白いですね。

4話

 ある日、折茂圭太(伊藤淳史)は、 『エグザルトン』社長の黒部仁(岸谷五朗)に 突然呼び出された。

何事かと恐る恐る社長室を訪れると、 「パワハラの内部告発があったので、 調査してほしい」とのことだった。

 内部告発は海外のフリーメールアドレスから 黒部に送信された差出人不明のもので、 内容は、ある販売店舗の店長の柏木悠介(遠藤雄弥)が 日常的にパワハラを行なっているというものだった。

「柏木くんが……?」と圭太。

柏木は圭太の元部下だった。

「パワハラなど一円の得にもならない。 パワハラが事実なら柏木はクビだ」と黒部。

圭太は潜入調査のため、販売支援という名目で、 その店舗に派遣されることになった。

 「柏木くんは、パワハラなんてする奴じゃない」 と圭太は告発内容に納得がいかない。

だが、石野柳子(新川優愛)は、 「でもパワハラがあることを証明できれば、 黒部を脅せるじゃない!」と乗り気だった。

 早速、柏木の店舗に派遣され、 販売の手伝いをする圭太。

そこで、圭太は、柏木が部下の森脇亮を 厳しく叱責しているのを見る。

ミスを重ねる森脇を注意しているのだが、 圭太は念のため、その場面を 脳内スマホのカメラに収めようとする。

だが電源が切れて、取り損なってしまう。

 それでも柏木と森脇のやり取りから目を離せないでいると、 圭太の目前に店員の朝長真帆(松本穂香)が現れて言う。

「柏木店長だって、怒りたくて怒ってるんじゃありません。 森脇さんが反抗的な態度ばかりとるから……。

きっと森脇さんは仲のいい久保田先輩が 店長を務める店舗に異動したくて仕方ないんですよ」と真帆。

「久保田?」と圭太。

久保田は他店舗に務める店長で、 エリアマネージャーの座をめぐって 柏木と競いあうライバルでもあった。

 その後も圭太は、調査を続ける。

仕事熱心な柏木に対して、森脇はニャインで、 久保田に「あのパワハラ店長、もう我慢できません」 と柏木の悪口などを送り、愚痴ってばかりいた。

 圭太は、柳子と安田部々香(安藤なつ)に、 「柏木くんのは、“パワハラ”じゃなくて、 ただの“注意”だよ」と言うが、 柳子は「パワハラよ!」と言い張る。

一方、部々香は、冷静に「森脇と久保田がグルになって、 柏木を失脚させようとしてるとか?」と分析する。

「そんな!そんなこと、絶対に許せません!」と圭太。

 その後、柳子は、自らパワハラの実態を探ろうと、 柏木をランチに呼び出す。

そこに圭太も駆け付ける。

圭太が駆けつけた頃には、 柳子と柏木はランチを終えて、裏道を歩いていた。

その時、柏木と柳子の頭上に、 植木鉢が落ちてくる。

間一髪で、柏木と柳子はそれを避けるが、 柏木は頬にけがを負う。

「大丈夫か!?」と圭太が駆け寄ると、 植木鉢の傍に森脇のストラップが落ちていた。

圭太がふと見上げると、建物の屋上から 圭太たちを覗いている人影が!

「誰かいる!」とその後を追いかける圭太。

その人影はタクシーに乗って逃げ去った。

圭太は脳内スマホの地図アプリを使って追いかけた。

 柏木の店舗に戻ってくる柏木と柳子。

柏木はそこで、「おまえがやったんだな」と 森脇にストラップを突きだし、掴みかかる。

そこに外出していた真帆も戻ってきて 「何やってるんですか!」と止めに入る。

そこに圭太も来る。

柏木は「折茂先輩!一緒に証明してもらえますよね。

こいつがやったってこと」と圭太に言うが、 圭太は真帆に目を向ける。

「朝長さん、君だね。 植木鉢を落とした犯人は」と圭太。

圭太は、タクシーの運転手から、 犯人が黒い服を着た女性だと聞き出したのだった。

そして真帆の鞄には土の付着した 手袋と黒い服があった。

その上、圭太のもとには、 久保田の調査に行った部々香から、 久保田と真帆が親しくしている写真が送られていたのだった。

「内部告発のメールも君だね。

君は森脇くんをダシに 柏木くんのパワハラをでっちあげ、 柏木くんを貶めようとしたんだ。

……おそらく久保田くんのためにね」と迫る圭太。

真帆は観念したように白状する。

「そうよ。だって、好きな人に エリアマネージャーに昇進してほしかったから。

そのためにはライバルが邪魔だったのよ」と真帆。

 その後、真帆は辞表を出し、 柏木がエリアマネージャーに昇格することになった。

「よかった」と柏木の昇格を 自分のことのように喜ぶ圭太。

だが、その圭太に柏木のニャインが目に入る。

それは、「エリアマネージャーがんばってね!」 との真帆から柏木への愛をこめたメッセージだった。

「え?」と圭太。

 驚いて圭太が柏木と真帆を問い詰めると、 「アハハ、先輩鋭いな。全部、俺と真帆の仕組んだことです。

邪魔な久保田と森脇を貶め、 僕がエリアマネージャーになるためのね」と柏木。

真帆も「そもそもあんたが勝手に誤解したんじゃない。 私の好きな人は久保田先輩じゃなくて、 初めから柏木店長よ」と圭太に言い放つ。

「お前、そこまでして出世したいのか!?」と言う圭太に。

「したいですよ。あなたみたいに落ちぶれたくないから」 と飄々と返す柏木だった。

 圭太は、黒部社長のもとに行き、 「柏木の昇進を取り下げて下さい。

実は柏木は…」と言おうとするが、 黒部はすべてを承知していた。

「久保田と柏木、俺はどちらが昇格しようが構わなかった。 ただ、どんな手を使っても出世をしようとする 柏木の努力を買ったまでだ。

まんまと騙された君の報告など、 今回の人事とは全く関係ない」と黒部。

その言葉にあ然とする圭太で……